資金繰りウィット

経済産業省より参照

 

新型コロナウイルス感染症に係る中小企業者対策を講じます(セーフティネット保証4号の指定)

経済産業省は、先般発生した新型コロナウイルス感染症により影響を受けている中小企業者への資金繰り支援措置として、セーフティネット保証4号を発動することを決定しました。この措置により、新型コロナウイルス感染症により影響を受けた中小企業者について、一般保証と別枠の保証が利用可能となります。

 

先般全国47都道府県から、新型コロナウイルス感染症によって多数の中小企業・小規模事業者が事業活動に影響を受けている、または受けるおそれが生じたとして、セーフティネット保証4号※の指定の要請がありました。

 

※売上高等が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の100%を保証する制度です(参考資料)。

 

これを踏まえ、経済産業省は、新型コロナウイルス感染症の影響により売上高等が減少している中小企業者・小規模事業者の資金繰り支援措置として、以下の地域を対象にセーフティネット保証4号を発動することとしました。

 

【指定地域】 47都道府県

 

3月2日に官報にて地域の指定を告示する予定ですが、本日から、信用保証協会においてセーフティネット保証4号の事前相談を開始します。

 

kitahou.akitalink.com

ファクタリング

ファクタリングとは

 

ファクタリング(factoring)とは、売掛債権に保険をかけたり、買い取ってもらい現金化するサービスの事です。

 

日本の企業間取引では、先に商品やサービスを提供し後から代金を支払ってもらう取引形態が一般的ですが、これは「企業間信用」と呼ばれ、代金は一定の猶予期間を置いてから支払われます。

 

こうした取引では入金が遅れたり未回収期間が長引くことで経営に悪影響が生じる可能性もあります。そこで、ファクタリングを活用して売掛債権にあらかじめ保険をかけたり、未回収の売掛債権を売却して現金化することができるのです。

 

お薦めのファクタリング

 

 

チョウタツ王の特徴

【チョウタツ王】の無料一括見積査定サービスは、ユーザーが複数社へ申込を行う手間や労力を軽減するだけではなく、当サイトと提携する最大8社のファクタリング会社が提示した売掛金の買取額の相見積もりを行うことが可能となります。

■■売掛金とは■■
信用取引(掛取引)によって、商品やサービスを提供したが、まだ、代金を受け取っていない状態のものを「売掛金」と言います。
請求書を発行している状態で、支払い期日前のツケ状態のことです。

■■ファクタリングとは■■
事業者が保有している入金期日前の売掛金をファクタリング会社が買い取り、事業者へ買取代金を早期に支払う仕組みとなります。売掛金が支払い期日前に現金化できる資金調達方法です。
融資のように借入となりませんので、銀行やノンバンク等の融資審査が否決であっても信用情報に左右されず、最短即日から3日程度で資金調達を行えます。

金融機関の融資が否決(落ちた)でもファクタリングは利用可能

金融機関のリスケジュール、返済遅延、債務超過、赤字決算、業績不振に関係なく利用可能

社会保険料や法人税等の滞納があっても利用可能

仕入先、下請け先、従業員の給料等の支払いが追い付かない

売掛金の譲渡契約のため借入とならない(融資に影響が出ずらい)

融資が下りるまでの期間や大口の入金までのつなぎ資金として利用できる

融資と比べて最短即日〜3日程度で資金調達ができる

一括見積査定のため一度に複数社の相見積もりができる(高額買取・好条件が楽に見つかる)

 
 

小口ファクタリング専門【アクセルファクター】の特徴

法人経営者様はもちろんのこと、個人事業主様も承ります。

【案件概要】
・ファクタリング
ファクタリングは画期的な資金調達手法ですが、借入(融資)とは異なります。
商品販売や役務提供により発生した売掛債権をファクタリング会社へ譲渡(売却)することで現金等の資金調達ができる方法です。
売掛金を譲渡することで結果的に入金前倒しが可能となり、キャッシュフロー改善が見込めます。

【案件セールスポイント】
・売掛金を現金化する資金調達・資金繰りサービスでキャッシュ・フローの改善が実現できます。
・柔軟な審査、最短即日入金に尽力しています。
・来店不要で契約も可能です。
・基本二社間のファクタリングなので取引先に知られることなく資金調達が可能です。

 
 

アクティブサポートの特徴

初めてアクティブサポートのファクタリングをご利用されるお客様も安心してお取引いただけるよう、 資金化される売掛金を無料で見積査定させていただきます。 買取金額や買取条件などご承諾をいただき、ご契約、入金実行となります。 売掛金の買取代金のご入金は、最短で当日中から2〜3日中にお支払いいたします。

 
 

ビートレーディングの特徴

【案件概要】 近年注目を集めている、『借りない』資金調達方法です。 『借りない』ため負債が増えないため、銀行融資にも繋がりやすいです。 信用情報も関係なく、売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。 【案件セールスポイント】 ・日本全国対応(2020年1月仙台支店OPEN!) ・ファクタリングで認知度No.1 ・契約件数全国トップクラス ・経験豊富な営業がたくさんいて、顧客対応満足度No.1 ・売掛金があれば、小口から大口まで対応可能です。 ・女性オペレーターによるキメ細やかな対応

 
 
MSFJの特徴

弊社が提供している【ファクタリング】とは、取引で発生した売掛金を、債権として売却することで、その支払い期日前に現金等を得る資金調達の方法です。 資金繰りでお困りの法人・個人様が緊急で資金調達を行う際に利用なさるケースが多く、近年利用者様が大幅に増え続けているサービスとなります。 個人事業主様、法人経営者様問わず、法人相手の売掛金(売掛債権)を所有している方を承っております。

 

ビジネスローン

中小企業・個人事業主のサポートに強い消費者金融会社です。

 

大手より審査に融通が利く会社を紹介致します。

 

 

ビジネクストカードローンの特徴

ビジネクストが選ばれる4つのメリット
◆年会費・補償料無料
◆保証人・担保不要
◆使用用途自由
◆来店不要で便利
◆最短即日 
※申込時間帯などによっては対応できません。
ご融資額は1万〜1000万円となります。
毎月の返済額が自動で計算できます。
事業拡大・決算時などのまとまった資金ニーズに、一時的なつなぎ資金に、ご活用ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ビジネクスト」はアイフルグループの一員です。
アイフルグループの事業ノウハウを結集してつくられた、
個人事業主様および中小企業をサポートするためのローン会社です。
【事業者向けビジネスローンビジネクストの特徴】
・年会費・補償料無料
・保証人・担保不要
・使用用途自由
・お申し込みからご融資まで来店不要
更にお申し込みは簡単4ステップでスピーディー!
是非皆様のサイトでご紹介ください。

 
 
ぽちスマくんの特徴

いつでもどこでも簡単にお申し込みできます!
パソコンからでもポチっとスマートに!
スマホからはポチっと簡単に!

ぽちスマくんのフリーキャッシングなら最短お申し込み当日にご融資可能!

少額で急に必要になった方に特にオススメです。

借入が多い方には、ぽちスマくんの借換ローンもご用意しております。

・フリーキャッシング 年率9.85%〜18.0% 1〜300万円
・借換ローン 年率9.85%〜14.85% 50〜500万円

 
 

トライフィナンシャルの特徴

【フリーローン】
【借換ローン】
【不動産担保ローン】
【ビジネスローン】
【リフォームローン】
【多目的ローン】

インターネットから24時間申込可能で、様々な商品を取りそろえて柔軟に対応しております。

貸金業法改正以降、実績の証「東京都知事(2)」を取得。

日本貸金業協会加盟店の安心キャッシングです。

 
 

キャッシングエニーの特徴

少額のキャッシングから大口の借換えローンまで柔軟に対応しているキャッシングエニーの申込促進プロモーションです。 インターネットから24時間申込可能で、主婦の方向けのご融資も柔軟に対応しておりますのでご相談可能です。 貸金業法改正以降、実績の証「東京都知事(3)」を取得 日本貸金業協会加盟店の安心キャッシングです。

 

クレジットカードの現金化

クレジットカードをお持ちなら今すぐご利用出来ます。

 

消費者金融の金利より安い手数料でご利用出来ます。また、借入の履歴をつけたくない人にもご利用されています。

 

 

カードnetキャッシュの特徴

クレジットカード現金化のサイトになります。 お客様がクレジットカードで購入した商品を現金でお買取りさせて頂きます。 お金に困っている方や、急な出費、法人・個人事業主の資金繰りが必要な方にご利用頂いております。

 
 

和光クレジットの特徴

 
 

スタークレジットの特徴

クレジットカード現金化のサイトになります。 お客様がクレジットカードで購入した商品を現金でお買取りさせて頂きます。 お金に困っている方や、急な出費、法人・個人事業主の資金繰りが必要な方にご利用頂いております。

 

資金繰りウィットとは

資金繰り表とは、会社における一定期間の現金収入と現金支出の全てを分類したり集計したりする目的があり、現金収支の動きを把握したり、現金過不足の実態など追うための表です。

 

資金繰り表を何故作る必要があるのか。それは、資金繰り表を毎日作成していくことで、「黒字倒産」といった最悪のケースを防いたり、予防したりできるからです。資金不足になることが予め予測できれば、借入を行ったり、支払いを延期するなどの対策が出来ます。

 

資金繰り表を作成することで、会社の一定期間のお金の流れを把握することができます。資金繰り表は「実績の資金繰り表」だけでなく、「計画の資金繰り表」も合わせて作成します。実績(過去)の資金繰り表では、これまでのお金の流れがわかり、計画の資金繰り表では、これからのお金の流れ(キャッシュフロー)がわかります。

 

キャッシュフローを把握したあと、もし悪い状態であれば改善する必要があります。冊子版の創業手帳では、キャッシュフローを健全にする方法を10のポイントから解説する記事を掲載しています。資金繰り表で把握したキャッシュフローを、10のポイントを踏まえて確認し、健全な経営につなげてください。

 

1.主な入出金項目を洗い出す
まず、自社において、どんな種類の入出金があるかを洗い出してみます。

 

例えば、収入であれば、売上代金回収、貸付金や立替金・未収入金の回収、借入、増資などです。支出であれば、仕入代金や外注費、人件費(給与、社会保険料等)、家賃、水道光熱費、広告宣伝費、旅費交通費、固定資産(設備等)の購入、税金(法人税、住民税、消費税等)などの支払、オフィスを借りるための敷金・保証金の支払、借入金返済、新規貸付などがあります。これらについて、過去の帳簿や将来の事業計画などを参照しながら、もれなく洗い出してください。

 

2.売上予測と売上代金回収予測を立てる
次に収入項目で最も重要な売上代金回収金額を予測するために、今後数ヶ月間における売上予測を立てます。受注生産・受託開発など、あらかじめ数ヶ月先の売上高がある程度個別に見込まれる場合には、その数字を使います。そうでない場合には、ある程度売上目標的な数字になってしまいますが、営業マンに課する売上目標と異なり、これより収入が少なかった場合には資金繰りが苦しくなる可能性があるので、ある程度堅めの数字をあげておいた方がよいでしょう(とらぬ狸の皮算用にならないよう)。また、売上予測については毎月見直す必要があります。

 

売上予測が立ったら、それに基づき売上代金回収予測を立てます。第2回でも触れたように、実際に売り上げてから代金が回収されるまでには、しばらく時間がかかります。それを見込んで、例えば来月売り上げたものはいつ入金するのかを考え、各月の売上代金回収予測を立てます。ここで、第4回で作成した売上代金回収予定表が役に立ちます。

 

B2Cにおけるクレジット決済や代金引換決済の場合でも、実際に入金するのは少々遅れますので、情報通信系の多くの会社でこのような売上時期と代金回収時期にはずれが生じます。逆に、前もって代金を受け取ってから商品を発送したり、サービスを提供する場合が稀にあります(例えば銀行振込で代金を受け取るケース)。また、売上と入金のズレが、数日という場合があります。このような場合には、「当月分の売上予測=当月売上代金回収予測」となります。その他、売上計上まで長期間かかるもので、何ヶ月か前に代金をもらっておくケースもありますが、そういう場合には「前受金」の入金として把握します。

 

こうして、この先6ヶ月程度先までの売上代金回収予測を立てます。

 

3.仕入、外注費、人件費等経費予測
次に、支出のうち、仕入、外注費、人件費など、必要不可欠な経費の支出予測を立てます。仕入、外注費などは、売上の増減に比例するもの(いわゆる変動費)ですので、売上予測と整合性が取れるように支出予測を立てます。人件費、家賃などは、売上の有無に関わらずかかるものですので、決まった金額を計上します。ただし、人員増やオフィス移転等が計画されている場合には、それを織り込んだ計画にします。採用が計画されている場合には採用費(人材紹介会社への支払を含む)、オフィス移転の場合には、保証金や内装工事費、移転費用等についても考慮しましょう。また、人件費については賞与がある場合にはその支払額も忘れないよう。ついで、開発費用など、事業を立上げ、また拡大するための費用を見積もります。

 

経費等についても、ものによって支払い時期が異なります。人件費は当月分当月払い、仕入代金や外注費は翌月以降になることが多いようです。家賃は前払いか当月分当月払い。

 

忘れがちなのが税金と従業員の社会保険料です。税金は、法人税・住民税・事業税が年2回、消費税等が年4回、その他、従業員の源泉所得税等の納付もあります。また、社会保険料については、従業員分を給与天引で預り、それに会社負担分を加えて納付します。消費税等は、顧客から受け取る時には売上代金の回収として、仕入や経費に係るものは仕入や経費代金の支払として考えます。税務署に納付する場合には、これらと別の項目で集計した方がわかりやすいです。社会保険料の給与天引分は、給与支出のマイナスとして考えます。

 

4.すでに決まっている新規借入、借入返済、増資等その他の収支を予測する
すでに決まっている新規借入、借入返済、増資等の金額をそれぞれ収支に加算します。

 

5.収支差額の仮計算と増資、借入等の準備
最低限の収入予測と支出予測ができたところで、毎月の収支差額と月末の現預金残高を計算します。ここで、月末の資金がマイナスになるようであれば、まずは支出の削減、ついで売上増加策を検討します。それでも資金が不足することが明らかな場合には、新規開発や本社移転などのプロジェクトを延期するなどを検討しなければなりません。それでもなお赤字であれば、増資や借入を至急検討する必要があります。ただし、確定していないものを資金繰りに織り込んでしまうと、あたかも資金繰りが楽になるような錯覚に陥ってしまうので注意しましょう。
資金繰りウィット