資金繰りウィット

1)資金とは
事業活動に伴って、企業にはさまざまな支払いや決済義務が生じる。この支払いや決済の手段となるものが、資金繰りでいう「資金」とされる。
ここでいう「資金」は、具体的には現金預金が中心になる。この現金預金とは、手元現金、手元現金に準ずる(他人振り出しの)小切手、いつでも自由に引き出すことのできる当座預金・普通預金、さらには定期預金(※)などを含んでいる。

 

(※)定期預金は借入金の担保などになっていない限り、いつでも解約して現金に換えることができる。逆に、担保などになっている定期預金は必要なときに自由に引き出すことができないため、ここでは「資金」に含めない。

 

2)資金繰りに対する誤解
資金繰りの改善を検討する前に、多くの方が陥りやすい資金繰りに対する誤解について紹介する。

 

誤解1:利益を出している限り、資金繰りには困らないはずだ
利益は売上から費用を差し引いた残りの金額である。この利益のもととなる売上も費用も現金の裏付けのないところで計上されるので(※)、売上がいくらあがっても現金が入ってくるまでは、その支払いに充ている分だけ資金不足となる。また、利益の増加以上に在庫の増加が生じる場合などでは、いくら利益があがっても資金は減少することになるのである。

 

(※)通常、利益(=売上−費用)は発生主義によって計算される。

 

資金(の増減)=利益−在庫増加−売掛債権増加(売掛金、受取手形)+……
誤解2:資金繰り対策とは、金融機関からの借入のことである
資金繰り表などによって資金不足が見込まれた場合、金融機関からの借入(手形割引を含む)を実行することなどで不足資金を手当てすることになる。しかし、たとえ借入ができたとしても返済が伴う。低金利のときはそれほど負担ではなかった支払利息も、金利があがると負担が重くなり会社の収益を圧迫していく。さらに、コストがかかっても借入ができればいいのであるが、担保不足などにより、必要なときに必要な額の融資を受けられないこともあるので、金融機関からの借入のみに頼ることには危険が伴う。

 

あくまでも資金不足となった本当の原因がどこにあるのかを究明し、売掛金の早期回収、過剰在庫の削減などによって内部資金の増加を図ることを、資金繰り対策の基本とすべきなのである。

 

誤解3:資金繰りは、経理、財務担当者だけにかかわる仕事である
資金繰りを管理するのは、たしかに経理や財務担当者である。しかし、資金繰りは営業や生産部門の事業活動などによって大きく影響される。かりに、営業部門は売上や利益だけを念頭に、そして生産部門はより多くの製品の生産のみを考えて、売掛や仕入のサイト、在庫数量などをあまり気にかけていないとしたら、いくら経理や財務部門ががんばっても資金繰りは改善しないのである。

 

3)なぜ外部資金が必要なのか
余剰資金が毎月売上の一定割合で増加している会社を想定してみる。原価率や販管費率、仕入・支払サイト、在庫率などをすべて一定と仮定して、その会社の売上が年率で100%増加(毎月約8.3%増加)したとする。
この会社の資金繰りはどうなるであろうか。「利益も2倍になるのだから資金繰りは楽になるのでは?」とお考えだろうか。しかし利益が増加しても、次の条件に該当する会社の場合、資金は減少してしまうのである。

 

利益増加額<在庫増加額+売掛金・受取手形増加−買掛金・支払手形増加
以下では、事例をもとに検討してみよう。

 

<事例>売上(利益)増加企業の資金繰り (単位:万円)
 売上:すべて掛売り、月末締め、翌月末に90日の手形受取
 仕入:すべて掛仕入、月末締め、翌月末に90日の手形払い

 

前提・・・在庫月数(在庫/月当たり売上高):1.2カ月
 売上原価率:80%、販管費率(販管費/月当たり売上高):18%
 当初資金残高:50、当初売上月額:100

 

【資金繰り表(簡易版)】

 

資金繰りウィット

今すぐ出来る資金繰り

ファクタリングとは

 

ファクタリング(factoring)とは、売掛債権に保険をかけたり、買い取ってもらい現金化するサービスの事です。

 

日本の企業間取引では、先に商品やサービスを提供し後から代金を支払ってもらう取引形態が一般的ですが、これは「企業間信用」と呼ばれ、代金は一定の猶予期間を置いてから支払われます。

 

こうした取引では入金が遅れたり未回収期間が長引くことで経営に悪影響が生じる可能性もあります。そこで、ファクタリングを活用して売掛債権にあらかじめ保険をかけたり、未回収の売掛債権を売却して現金化することができるのです。

 

お薦めのファクタリング

 

 

チョウタツ王の特徴

【チョウタツ王】の無料一括見積査定サービスは、ユーザーが複数社へ申込を行う手間や労力を軽減するだけではなく、当サイトと提携する最大8社のファクタリング会社が提示した売掛金の買取額の相見積もりを行うことが可能となります。

■■売掛金とは■■
信用取引(掛取引)によって、商品やサービスを提供したが、まだ、代金を受け取っていない状態のものを「売掛金」と言います。
請求書を発行している状態で、支払い期日前のツケ状態のことです。

■■ファクタリングとは■■
事業者が保有している入金期日前の売掛金をファクタリング会社が買い取り、事業者へ買取代金を早期に支払う仕組みとなります。売掛金が支払い期日前に現金化できる資金調達方法です。
融資のように借入となりませんので、銀行やノンバンク等の融資審査が否決であっても信用情報に左右されず、最短即日から3日程度で資金調達を行えます。

金融機関の融資が否決(落ちた)でもファクタリングは利用可能

金融機関のリスケジュール、返済遅延、債務超過、赤字決算、業績不振に関係なく利用可能

社会保険料や法人税等の滞納があっても利用可能

仕入先、下請け先、従業員の給料等の支払いが追い付かない

売掛金の譲渡契約のため借入とならない(融資に影響が出ずらい)

融資が下りるまでの期間や大口の入金までのつなぎ資金として利用できる

融資と比べて最短即日〜3日程度で資金調達ができる

一括見積査定のため一度に複数社の相見積もりができる(高額買取・好条件が楽に見つかる)

 
 

小口ファクタリング専門【アクセルファクター】の特徴

法人経営者様はもちろんのこと、個人事業主様も承ります。

【案件概要】
・ファクタリング
ファクタリングは画期的な資金調達手法ですが、借入(融資)とは異なります。
商品販売や役務提供により発生した売掛債権をファクタリング会社へ譲渡(売却)することで現金等の資金調達ができる方法です。
売掛金を譲渡することで結果的に入金前倒しが可能となり、キャッシュフロー改善が見込めます。

【案件セールスポイント】
・売掛金を現金化する資金調達・資金繰りサービスでキャッシュ・フローの改善が実現できます。
・柔軟な審査、最短即日入金に尽力しています。
・来店不要で契約も可能です。
・基本二社間のファクタリングなので取引先に知られることなく資金調達が可能です。

 
 

アクティブサポートの特徴

初めてアクティブサポートのファクタリングをご利用されるお客様も安心してお取引いただけるよう、 資金化される売掛金を無料で見積査定させていただきます。 買取金額や買取条件などご承諾をいただき、ご契約、入金実行となります。 売掛金の買取代金のご入金は、最短で当日中から2〜3日中にお支払いいたします。

 
 

ビートレーディングの特徴

【案件概要】 近年注目を集めている、『借りない』資金調達方法です。 『借りない』ため負債が増えないため、銀行融資にも繋がりやすいです。 信用情報も関係なく、売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。 【案件セールスポイント】 ・日本全国対応(2020年1月仙台支店OPEN!) ・ファクタリングで認知度No.1 ・契約件数全国トップクラス ・経験豊富な営業がたくさんいて、顧客対応満足度No.1 ・売掛金があれば、小口から大口まで対応可能です。 ・女性オペレーターによるキメ細やかな対応

 
 
MSFJの特徴

弊社が提供している【ファクタリング】とは、取引で発生した売掛金を、債権として売却することで、その支払い期日前に現金等を得る資金調達の方法です。 資金繰りでお困りの法人・個人様が緊急で資金調達を行う際に利用なさるケースが多く、近年利用者様が大幅に増え続けているサービスとなります。 個人事業主様、法人経営者様問わず、法人相手の売掛金(売掛債権)を所有している方を承っております。